スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
熱性痙攣 複合性 orz
2007 / 11 / 18 ( Sun )
ぷち、熱性痙攣髄膜炎の疑いアリ。
で、初めての入院です(:_;)


以下は、現在までの記録。(忘れないうちに)

( = 11/24(土)、入院中~現在の経過を 追記しました。 = )
20071118054134
緊急事態発生!!


11/17(土)。

寝苦しいらしく、明け方から、ちょこちょこ起きる。
朝の熱は37.5℃
前日から咳もしていたしイマイチ元気がナイ為、小児科へ
 → 喉が少し腫れている程度の軽い風邪と診断される。

夕方になるにつれ、熱が上がりはじめ 動きが鈍く
授乳時間が短い割にゲプッっという感じ。

遊ぶ元気もなく機嫌が悪い。
ちびが相手をしている時だけ笑う。
↑なんだか異様なテンション。
熱にヤられたか!?

あまりの熱さに20:00頃 再度熱を測ると 40.1℃!
寝苦しいようでグズッているのでパパが抱っこして その上で寝る。


22:20過ぎ
突然、ブルブルと両手を小刻みに震わせ、焦点が合わず、
みるみる顔から血の気が引いていく!
時間にすれば2~3分位だったのだろうけど、長時間に感じる!

焦りパニクる私とは好対象で、落ち着いているパパの指示通りに
当番医をネットで調べ場所を確認。
その間、パパがH病院に連絡。受け入れ体制をとってもらう。

ちょうどうんちをしたのでオムツを替えなきゃ…と思いつつ
下に下ろすのさえ怖い位、顔色が青ざめているぷち!

急いで抱き抱え車に飛び乗る!
移動中の車内で、ぷちの体が硬直し反り返る!
泣きわめくぷち…弱々しい声…強張る体…

…また、痙攣してる!!


神様、助けて!
連れていかないで!

…いや!
きっと 大丈夫!

母体が高熱の中、無事に産まれた強い子だもの!
絶対、大丈夫!
絶対、助かる!
絶対、助けてみせる!!


すがるように願い祈り、H病院に着く。

まだ硬直して…
足なんてつったまま固まってる!

すぐに総合病院への紹介状が出され、また大急ぎで移動。。



なんで救急なのに
直接総合病院へ行けないのか…!

もしかしたら
友人のトコみたいに、救急車を呼んでも到着が遅れたり、
病院をたらい回しにされて、症状が悪化してしまったら…?
麻痺で脳に影響が出てしまったら…?

悪い考えばかりが浮かぶ。

そして、やっと総合病院へ到着。

問診で経過や時間を話すうち、長く感じた今までの時間が、
約30~40分程度だったことに驚く。
なにもかも、冷静に迅速な対応をしたパパのおかげ!

診察の結果、胸の音もキレイで少し喉が腫れている程度。
焦点も合うし反応もある。

念のため、血液検査を願い出ると血糖値だけが異常に高い。
「多大なストレスがかかったみたいだ」との事。
「何か前日等で疲れる事がありましたか?」と聞かれても、
思い当たるのは幼稚園の行事に参加しただけ。

チェックシートみたいなのを受けたけど、
子供を一人残して外出したり、椅子等に座らせたまま目を離したり、
落ちたり打ったりは当たり前と思っているか等の項目が。

ちびの降園バス(家の前で乗降)の時間にぷちが寝ていたら、一人で迎えに出た事が3回。
うち、1回は泣き声がして慌てて戻った…って事があった…!
そ…それも関係ある!??(滝汗)



ともあれ、
最初の痙攣から24時間以内に2回目の痙攣が起こりやすく、
経過を見なければならない事。

ひきつけや痙攣をおこしたら、大声で呼んだり揺すったりせず、
喉に嘔吐物が詰まらないように横向きにして、休ませる事。

1度熱性痙攣を経験すると1~2年(できれば多出年齢期間の6歳まで)は、38.5℃以上の高熱時に再度 熱性痙攣を引き起こしやすいので、『ダイアップ』という予防剤(座薬)を投入しなければならない事。

痙攣が15分以上続くと脳の神経に影響が出るので早急に救急車を呼ぶ事。

もし痙攣が起こった場合(例え1分以内であろうと)、持続時間と
どんな痙攣の仕方(震える・脱力 等)かを病院に連絡する事。
また数分でも、その後、焦点が合わなかったり
反応がない(手足の硬直・脱力)場合も 即 救急車!

ぷちは熱性痙攣 複合性と診断されたので、次回から紹介状無しで救急車でも入れるように優先リスト(そんなのがあったのか)に 載ったらしい。←コレ、すごく安心!

等の熱性痙攣の心得?を教えて頂いた後、
ぷちの様子を再度診た先生。

「また硬直気味…!」


…!


ぷちの場合、24時間以内に2回の痙攣があったので、『熱性痙攣 複合性』。
おまけに硬直状態がなかなかやわらがないので要観察。
手足を動かそうとすると痛いのか泣くので、髄膜炎の可能性アリ。
って事で、入院する事に。

右手には一晩中点滴。
左足には心拍数?を測る機械が装着され、グッタリ。

入院準備(ぷちと、付き添いの私の分)の為、パパにぷちを任せ一旦帰宅。
この時点で1:00前。
菌をもらったりうつしたりしたらいけないので、ちび(子供)は病棟に入れない。
よく頑張ってくれたけど、準備中に撃沈zzz
荷物+ちび。…重かった(笑)


今晩は授乳を禁止されたため、久々に搾乳。


2:00にパパと交替してちびとパパは帰宅。


高熱で寝苦しいのか、一時間おきに起きるぷちを都度抱っこして寝かす。
ちょっと手足を動かしたり体を起こそうとしたりするようになってきた!o(*^▽^*)o~♪

点滴のせいかオムツ替えも頻繁。


ぷちの寝息…まだ荒いけど、寝顔を見られる喜び。
腕に抱ける幸せを噛み締めつつ、現在まで徹夜状態。(*_*)しぱしぱ



これからの予定は、
6:00に熱計測。
7:30にダイアップ(効き目を保つため8時間おきに)投入。
10:00に再診&血液検査。

その結果、まだ硬直が見られたり異常があればCTを撮ったりするらしい。



どうか、どうか、無事退院できますように!!



゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*


=== 追記 ===

その後の経過デス。



11/18(日)

朝(06:00)39.7℃ → 昼(14:00)38.7℃ → 夜(18:00)40.7℃

17:00~ ばぁばが、ぷちに付き添い、
       その間、私は帰宅→食事→入浴→洗濯。
       通園準備 ( 持ち物の用意や、アイロンかけ 等 )

19:00~ パパがばぁばと交代。

20:30~ パパと私が交代。


夜中も、熱が下がらずアイスノン使用。
点滴チューブが抜け、漏れる → ナースコール → 着替え 。

寝返り等で引っ張られて点滴の針も取れかかっていた為、少しキツ目に包帯を巻かれる。
( 結果、退院後、3日目の今日(11/24)でさえ、赤く跡が残ってる。。  (ノД`) イタソ・・ )

首に巻かれたりの危険性が高くなるせいか?、チューブが短めなんだよね。
一回寝返りしたら、ピーン!って張り詰められる感じ。

すぐに処置してくださったけど、痛がるようならまた抜けかけてるトコだから、今度は針の刺しなおしになっちゃうらしい。  i||i(ФДФ;) i||i



11/19(月)。

朝(06:00)40.2℃ → 昼(14:00)38.5℃ → 夜(18:00)37.8℃

やっと熱が下がり始めた!!
でも、今度は鼻が出始め、フガフガしてるっぽい。。
まだまだグッタリしていて、元気も覇気もナイ。。目がうつろ。

まぁ、約15時間も 40℃超えだったし、相当体力消耗してるよね。。


そして、
ちびは、初めての幼稚園お預かり保育(通称:虹組←二時から組?)。
パパが朝も帰りも送迎を工面してくれて助かりました!


11/20(火)。

朝~夜、ずーっと 37.3℃。 なのに、機嫌が悪く グズグズ。
昼過ぎの回診時、まだボ~っとしてたり、ヨロヨロフラフラしていたので、退院は叶わず。

17:00頃には、少しずつ声も出だし、あやせば笑顔も見られるように♪

担当医からは、
「回復が少し遅かったけど、このままの状態であれば、
明朝、点滴を抜いて、退院できそうですね!」って。

ちょっと元気になってきた ぷち。
点滴のチューブをカミカミしようとしたり、
ヨロヨロと掴まり立ちしたり、回復してきたwww

・・でも、なんだか発疹がでてるような??
突発だったりして。



11/21(水)。
朝から36.8℃。やっと平熱!!
そして、やっぱり、朝 看護師さんから
「あら? コレ、発疹?? 先生に診てもらいましょうか。」って。

案の定、突発性発疹が発覚。

担当医は、救急外来で診て下さった女医さん。

「突発の熱からの、痙攣は、多いんですよ~。
でも、2回も痙攣があって、硬直状態が長かったりしたから、合併症を心配してたけど、この分なら大丈夫そうですね。退院してもイイでしょう。」

はぁぁ~~。ホッとした~~~・・!
髄膜炎とか、他の 病気じゃなくて、良かった~~~!!!



来週、11/27(火)、10:00~ 再度 診せてください との事で 予約。
しばらくおいてから、脳波の検査をするので、次回来院時に 日程を組みましょうとの事。


一回きりだったり短時間の痙攣の場合、入院しなくてもイイとされる 熱性痙攣。

左右の痙攣が非対称だったり、ぷちのような 複合性と診断されると、脳波も取るらしい。
しかも、痙攣から検査まで、しばらく間を置かないと いけないらしい。

ダイアップ(痙攣予防剤)の投与説明(38.5℃以上なら投薬する) 等を受け、ばぁばのお迎えを待って(当日、親戚の葬式と重なり、夕方) 無事退院。

4泊5日で、¥34,100 也。



急な発熱に、脳神経がついていかず、熱性痙攣を引き起こした ぷち。

『ゆすったりしない。嘔吐物が詰まらないように横向き体勢に。』
等の、知識はあっても、全然守れなかった私。

もう、慌てて 意識を引き止めるために必死でした。
つまり大声で呼びかけ ゆすった。
 ↑ どちらも 痙攣が長引くから やっちゃダメー。


見る見る血の気が引いて意識が遠のく我が子を前に、冷静に対応なんてムリ!!


冷静なパパが一緒にいたこと。
(平日じゃなくてパパが休みの日で良かった。。)
きっと、一人で二人を連れて…なんて、もっとパニクっただろうなぁ。。


健康であることにアグラをかいちゃいけないんだ。
元気そうであっても 突然 病状悪化しちゃう 子ども。


今回の一件で、

 * 38.5℃以上の発熱の場合、再痙攣の可能性大なので、ダイアップ投与。
 * 症状・容体を把握し、時間経過 等も しっかり押さえて 電話連絡。
 * 複合性の診断がついてるので、痙攣の場合、直接総合病院の受診が可能。
   ( ただし、嘔吐や 他の病状・症状では、紹介状を要する為、かかりつけへGO!)


↑の、心構えができました。

救急車の到着を待つより、実際に病院に向かったほうが我が家からは近いし早い!けど、
意識が無かったり、無呼吸だったりすると、設備の整ってる救急車のほうがイイのかな?
結局、紹介状がなければ、総合病院で診てもらえないのなら、一緒かな??


なんにせよ、
入院中、頑張った ぷち本人。
私が付き添いで留守だった為、心細かったであろう ちび。
それをケアしてくれた パパ。
送迎を引き受けてくれた ばぁば。

皆の協力があってこその 入院生活でした。
大・感・謝!    ♪ヽ(*^∇^*)ノ*:・'゚☆


特に、毎日、洗濯や通園準備等 の為、一旦帰宅する私と交代で、
仕事帰りの疲れてる所、夜遅くまで 頑張ってくれた パパ。。
・・倒れないでね(笑)


まだ、ちびも ぷちも 風邪気味。
ぷちは、すっかり甘え癖がついちゃってるし(笑)
ちびは、我慢を発散するべく? ベッタリだし(笑)

身動きとれませんがな。
過去最高のモテ期を、味わう余裕はナッシング。

母は強し!で、頑張るのだ☆



゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*



記録とはいえ、
長々とした記事に おつきあい頂き、恐縮です。


そして、心配、励ましのコメントを下さった皆様に、
この場をお借りして、深く 御礼 申し上げます!!
ありがとうございました!!!



我が家にも、心優しい 皆様にも、

ハッピー・カムカーム!!

スポンサーサイト
05 : 31 : 13 | 病気 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑


<<七五三。&祝福式。 | ホーム | どっちが花 de show?!>>
コメント
--熱性痙攣--

 熱性痙攣、経験が無いから、初めて見たら+あ~+もどうしていいかわからなくなると思う。。。
パパさんが居てくれて本当よかったね。
冷静に対応できる人が、傍に居てくれると安心だよね。

 ぷちちゃん、熱性痙攣複合性と診断されたんだ。
紹介状がなかったら、救急車で入れないの?
ぷちちゃんは、優先リストに載ったんだね。

 そういえば、幼稚園のママも言ってた。
一度熱性痙攣で入院してるから、何かあったらすぐその病院で診てもらえるって。
それが出来るだけでも、すごく安心だよね。

 徹夜状態だったみたいだけど、ひなっちは大丈夫?
心配だけど、休めるときは休んでね。

 ぷちちゃん、無事退院できること祈ってます。
by: +あ〜+ * 2007/11/18 06:11 * URL [ 編集] | page top↑
--夏にやりました!--

でも、ユウ(当時2歳半)の場合は1回だけでしかも右側だけの硬直やったし、熱性?それとも何か違う病気?ってすごく不安やった!
アタフタして横向きに寝かせるのも頭に無くって必死に遠の意識を大声で叫んで引き止めたり、泡を吹いてるユウをゆすってみたり・・・・その時は必死やったけど、後々調べたらやってはいけない事のオンパレード!
だから、旦那さんが冷静でいられたのはすごく心強かったですね!!
私は実家でジジババがいてたので輪をかけてパニクッたってのもあったけど。
あれから数ヶ月たったけど、高熱は出てないので、次の高熱が出るのが怖い!
あと、右半身だけだったって事でCTも撮りましたが異常なし!
でも、来年から幼稚園なので今年中に脳波の検査を受ける予定です。
脳波は数ヶ月経ってからじゃないと異常があったかどうかがわからんって言われたので・・・。

どうか無事に退院できますように・・・・・。
ひなっちさんも無理しないで下さいね!!
by: カオリ * 2007/11/18 15:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

うちもその経験がないので、もしそういう状況になったら、ひなっちちゃんと同じくらい・・いやもっとぱにくって冷静に処置できないかもしれない・・
今回はパパさんの的確な判断で、ぷちちゃんもまだ余談はゆるせないとはいえ、病院へも無事に到着できて本当によかったね・・・。

色々な心得に、心配だし戸惑ってしまうと思うけど・・・
どうか、ひなっちちゃんも無理をせず、過ごしてくださいね。
ぷちちゃんが早く元気に退院できますよう、強く強く祈ってます・・。

by: +゚。*苺ミルク*。゚+ * 2007/11/19 00:27 * URL [ 編集] | page top↑
--ぷちちゃん大丈夫??--

熱性痙攣経験してる私としては冷静ではいられない事態よねv-356
ひなっちちゃんお疲れ様。。体壊さない様に・・看病頑張ってねv-352

それにしても・・ここまで書きとめられるひなっちちゃんが凄いって思っちゃったe-2
きっと先生にこんな風に言われてるんだろうけど全く覚えていないよ。。
病院歩いて1分半の道のりが長くて着いて看護士さんに大丈夫って言われた時は涙が止まらなかったよ~e-263

熱性痙攣遺伝なんだって!!私がやってて・・・・
しばらくは熱出した時にはダイアップが必要かもしれないけど・・タイミング逃してよく起こさせちゃってた私・・ひなっちちゃんも気をつけてね☆
花菜はまだ熱出した時はダイアップ使ってるのよね・・・やめるタイミングがまた難しいかも・・・v-356

ぷちちゃん元気に退院出来るといいね(人´∀`).☆.。.:*・
by: かなひなママ * 2007/11/19 08:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

うぉぉ~恐い。。。。
ひなっちさん家族みんなお疲れ様です。
でも病院にいるとはいえ、まだ心配だね。

うちは痙攣やった事がないけど、近所の看護師ママでも熱誠痙攣の時は救急車呼んだって。。。
パパさん冷静スゴイ!

チビちゃんも大変だけど、今はひなっちさんプチちゃん頑張って!!
遠くから早く退院出来るよう祈ってます。
by: Towaママ * 2007/11/19 17:01 * URL [ 編集] | page top↑
----

ひなっちさん
子供の病気が何より大変ですよね。
ぷちちゃん大変でしたね。
ウチは誰も痙攣はなかったけど、
長男は先天性の肺の病気で手術しました。そのときも大丈夫って言われても退院するまで不安でした。
ぷちちゃんも心配な所もありますが、
微力ながら私も早くの回復を祈っていますね。
ひなっちさんも倒れないように!!
お大事にしてください。
by: マヤmama * 2007/11/20 22:24 * URL [ 編集] | page top↑
----

久々に遊びにきてみたら・・・
熱性痙攣、大変でしたね。
私も絶対パニくると思います。
文章読んでただけでも、ドキドキしました。
もしもの時のために、ひなっちさんの経験を頭の隅においておきたいと思います。
その後、経過はどうですか??
by: すみっち * 2007/11/24 22:19 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちは!!
私もその場にいたら、絶対にパニクる!!!汗
パパ頼りになりますね~♪
それにしても、プチちゃんよかった~・・・。髄膜炎とか怖いですもんね・・・。
すごく勉強になりました。
「ゆすったりしない。嘔吐物が詰まらないように横向き体勢に。」ですね・・・。
ほんと、健康でいるのは何にも変えられない幸せですよね~。
by: えりえりぽん * 2007/11/25 08:49 * URL [ 編集] | page top↑
----

あぁ(^_^;)
良かった。

毎朝とっても気になってたよ。
安心しました。
ホント当たり前のような健康って、気付けないよね。

まだみんなのお疲れと二人の甘えが残ってるけど、退院できたからにはね☆
ゆっくり養生してください!!

うちも気をつけなきゃ!
by: Towaママ * 2007/11/25 22:02 * URL [ 編集] | page top↑
----

あ~よかった~~。
ハラハラドキドキしながら読んじゃいました~。
ぷちちゃん頑張ったね~~えらいよ!
それからパパさんもひなっちさんも、そしてちびちゃんも頑張ったね。
とりあえず一安心だね。
でも一日が長く感じられただろうね。
目の前で痙攣なんて起こされたら、冷静でなんていられないよね。でもひなっちさんのブログ読んで心構えの確認が出来ました。ありがとう。
家でぎゃーぎゃー泣かれても、やっぱり元気なのが一番だし、幸せなことだよね。今後の経過もいい事を祈ってます。うちのエアが起きたのでまた遊びにきます。
by: すこあぽ * 2007/11/26 08:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

ドキドキしながら読みましたー。
大変でしたね。
うちはもうすぐ10ヶ月になるけれど
いまだ、高熱未経験。
とっても勉強になりました。

ちびちゃん頑張ったねー。
ぷちちゃんも寂しかったし
不安だっただろうけれど我慢したね。
パパさんご家族の皆さんお疲れ様でした。

ひなっちさんも体調崩さないようしてくださいね。
by: ひめねん * 2007/11/26 11:01 * URL [ 編集] | page top↑
----

ひなっちさん、お疲れ様ーー!!!
そしてお仕事しながら看病も頑張ってくれたパパさん、ばあばさまも本当にお疲れ様でした。
そしてちびちゃんもママと離れて寂しかったのによく頑張ったね!
そしてそして。何より小さな体でお熱と闘ったぷちちゃん、よく頑張ったねー。
毎日毎日ヒヤヒヤして心配でたまらなかったぁ。。
何でもいいから知りたいわ…なんて更新待っちゃってたわ(笑)
でも凄い。看病しながら家事しながら更新までして…。
本当にひなっちさんお疲れ様!!
ひなっちさんこそ体調崩さないようにネ。
無事退院出来て良かったねー。
そして。突発でよかったね。確かちびちゃんは2回やったんだよね?
まだまだ大変だろうけど、どうかどうかぷちちゃんが完全復帰しますように!
by: ちはる * 2007/11/26 12:34 * URL [ 編集] | page top↑
----

遅くなりましたが、ママから状況だけは聞いてました。
ひなっちさんもパパさんもみんなお疲れ様です。
ちびちゃんも色々と我慢して頑張ったね~。
でも一番頑張ったのはぷちちゃんですよね。
無事で何よりです。
熱性痙攣、うちは経験無いけど、ひなっちさんのこの記事を参考に備えておきたいです。

気が抜けてここで疲れがどっと押し寄せてくるでしょうから、しっかり休んで下さいね。
by: Towaパパ * 2007/11/27 02:16 * URL [ 編集] | page top↑
----

ブログを続けていると、
熱性痙攣を起こされるお子様が
結構いらっしゃって、そのたびに
読んでて怖くなります。
意識がなくなる様子は、我が家では
セイで経験済みなので、それがまた脳裏に
浮かんで、多分同じ状況なんだろうと
心中お察しします。
本当に見てるほうが怖いんですよね。
連れて行かないで!!て叫ぶお気持ち、分かります。

プチちゃんも本当によく頑張ったね!
ママも、皆様も本当にお疲れさまでした。
ゆっくり休んでね。。。
by: べこまま * 2007/11/28 00:07 * URL [ 編集] | page top↑
----

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
by: みんな の プロフィール * 2007/11/30 22:18 * URL [ 編集] | page top↑
--* 皆様へ *--

あたたかい励ましコメント、嬉しかったです!
ホントに ありがとうございますっっっ!!!


全て拝読させて頂いて、ウルウルしたり、共感したり。
また、お仲間?も いたりして。。
いろいろと 考えさせられたり。


そして、誠に勝手ながら、コメレスは、明日~明後日にいたします。

本日、午前中一杯→ぷちの病院。
夕方→ちびの耳鼻科で奮闘。・・っていうか、格闘??

で、余力が残っておりません。
ブログupだけで力尽きました。。(歳!?)


ただただ、皆様への 感謝の気持ちだけは お伝えしたいなと。

ほんとに・・
ほんとうに・・・!

ありがとうございました!!! つД`)・゚・。・゚゚・*:.。


=====12/1(土)=====

コメレスが遅れてスミマセン(汗)

入院した日の夜、寝辛くて起きちゃうぷちを抱っこしつつ、携帯メールで記事アップしたので、感情出まくりですね(苦笑)

熱性痙攣に限らず、知識と実体験は 全く別物ですよねぇ。。
ほんと、焦りまくりで、冷静なパパに助けられました!!
もう、ほんとに儚くなっちゃうのでは…!?と、心配でした。
クセになるらしいけど、予防に努めようと思います!!

゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*

+あ~+ちゃん:
もうねー。マジでパニくった。30~40分の間の出来事だったのにね。。
冷静に対応できる人が一緒にいたっていうのが心強かったわ。
ウチの近所の総合病院は、大学病院みたいな感じで、紹介状ナシだとダメなの。緊急であっても、直接診てもらえないの。
単純型(痙攣一度だけ)だと、次回からも 紹介状が必要なんだけど、ぷちは、複合性(2回以上の痙攣)と要観察って診断だから、また痙攣が起こった場合は、直接診てもらえるみたい。それだけは安心だわ~。怖いもん。
私の体調まで心配してくれてありがとね!
入院が予想以上に長引いたけど、風邪以外は完治よ(笑)

カオリさま:
うわー!今夏に経験済みでしたか!しかも非対称!?
今年中に脳波の検査を受ける予定なんですね。ぷちは来週(12/7)。
冷静なパパがいて、ほんと助かりました。
でも、やっぱり私もパニくっちゃって、やっちゃいけない事のオンパレードしちゃいましたよ~。知識があってもダメダメです。
ぷちは、退院後も38.8℃あったりしたので、2回投入済みです。
次回、もし熱性痙攣起こしても…また焦りそうで怖いー!!
お…お互い、予防に努めましょうね!!ε=(。・`ω´・。) 

+゚。*苺ミルク*。゚+ちゃん:
熱性痙攣は、怖い病気じゃないっていうけど、恐怖だった!
できれば、経験したくないよ~。これからも!
病院に着いて、また総合病院へ。。気が気じゃなかった~!
早く、早く!って必要以上に焦ってた。今思い出してもドキドキ。
おかげさまで、無事退院できました!ありがとね♪

かなひなママちゃん:
入院することが決まって、ようやくぷちが寝て、先生とお話しながら、かなちゃんのことを思い出してたよ!
6ヶ月~6歳が、多出期らしいんだけど、たいてい、最初の熱性痙攣から1~2年の服用でやめちゃう人が多いんだって。
でも、また熱性痙攣起こしちゃったら…?っていう心配をするより、なるべく続けていきたいっていうのが親心だよね。
かなひなママちゃんは、一人でかなちゃんを病院に連れて行ったんだね。。怖かったね。。。ほんと、「大丈夫ですよ」って救いの言葉だよねぇ…!
ウチもパパが一度だけ幼い頃に痙攣を経験してるらしいの。
遺伝とはいえ、怖いよねぇ。。ダイアップと上手につきあってくよ。

Towaママさま:
あーん。2回もコメントくださってありがとうございますっ!!
ご心配おかけしちゃってスミマセン。。
看護師ママさんでも、熱性痙攣は やっぱり突然の事だし、我が子となると、慌てちゃうんだ。。看護師である前に母ですもんね。
「死なないでー!助けてー!」としか 思い浮かばなかったもの。
ほんと、健康を当たり前と思って過ごしてるのが幸せなことだなと。
できれば、もう二度とあんな怖い思いはしたくない。
予防剤と上手につきあっていきたいなと思いますっ!

すこあぽサマ:
入院した日の夜、一息ついたあとで、携帯メールで記事アップしたので、感情でまくりですね(苦笑)
熱性痙攣って、珍しいワケではないのに、いざ、我が子が。ってなると、気が気じゃなかったですもん。
今回、心構えはできたけど、また痙攣したら…って、怖い。
ほんと、うるさいくらいにギャーギャー騒いでる姿も、幸せな事。
先天的には何もなかったけど、後天的に何もないとは限らないし。
これからも、健やかに成長してくれることを願ってます!
子どもはカワイイけど、赤ちゃんの寝顔はまた格別ですよね♪
バツグンの癒し効果(笑) エアちゃんの寝顔、披露してぇwww

ひめねんサマ:
熱性痙攣の多出期は、6ヶ月~6歳だそうです。
珍しい症状ではないらしいけど、焦り率、NO.1かも!?
健康って何よりのプレゼントですよね。日々の幸せを実感です。
入院するほうも、退院を待つほうも、我慢と頑張りが必要。
励ましあえる家族って素晴らしい!って ひめねんさんのトコでも思いましたが、再実感でした。
優しいお言葉、ありがとうございますwww

ちはるサマ:
仕事が終ってから、私と交代して、いつも1時過ぎまで拘束しちゃって、パパも大変だっただろうなぁって思います。
心配して、更新を待ってくれてたなんて…感激!
ライちゃんの誕生日、私も楽しみにしてたのに…当日にお祝いコメントできなくて残念だったわ。
ステキな誕生祝いの様子に幸せ気分のお裾分けをして頂いちゃったwww
そうそう。ちびは、突発、軽かったせいか、2回あったんだよね。
覚えていてくれたんだね~。
ぷちは、生まれた直後から色々と心配な事が多くて。
ちびは、寝ない子だった以外は楽だったな~って思った(笑)
健康って何よりの宝物だよね!
ちはるさんも、多忙だろうけど、体に気をつけてね!!

Towaパパさま:
もう、ママさんからのコメントを頂いて、感激しまくりでした。
心配おかけしちゃって、スミマセン。。
ぷちも、ちびも、何よりパパも、ほんと頑張ってくれました。
熱性痙攣、珍しい症状ではないらしいけど、焦り率NO.1かも(笑)
経験しないに こしたことはないけど、パパさんの支え、重要です!
退院後、疲れが出た家族が揃って風邪。が…頑張りやす(苦笑)

べこままサマ:
SIDSとは違って、熱性痙攣って珍しくはないらしいんですけどね~。
実際に、痙攣して硬直。血の気がなく、我が子の意識が遠のいていくサマを目の当たりにすると、焦りまくりでした。
一度、そういうのを経験していると、共感→思い出しちゃいますよね。
やっちゃいけない事のオンパレードしちゃったので、反省。
本人も、家族も、よく頑張ってくれました! 励まし感謝です!!
by: ひなっち * 2007/12/01 00:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














ヒミツのお話はココにチェック♪

トラックバック
トラックバックURL
http://hinatake.blog32.fc2.com/tb.php/612-71473c39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。